ハンドメイドのお菓子を召し上がれ。

【季節限定】いちごのタルト

ピスタチオクリームを入れて焼き上げたタルトに、いちごとカスタード、生クリームをのせ、マカロンの帽子を被せました。この季節限定です。

【人気NO.1】焼き栗のモンブラン

軽いメレンゲに栗の渋皮煮をのせ風味の良い焼き栗のクリームを絞りました。

ガレットデロワのご注文をありがとうございました

ガレットデロワ、今回初めて通販で遠方のお客さまにもお届けさせていただきました。 とても嬉しいメールやレビューをいただき、本当にありがとうございます。
限定数を越えたため、一部のお客様にはフェーブをお付けすることが出来ず本当に申し訳ありませんでした。毎年このお菓子を楽しみにしていただいているお客様に、また来年も日本一になったガレットデロワをお届けしたいと思います。

お菓子の森について

浜松市街から舘山寺温泉へ向かう舘山寺街道沿いの「すじかい橋」の近く…ぬくもりの森。

その一角にある「お菓子の森ケーキ工房」では、パティシエの手により、宝石をちりばめたような、かわいくて綺麗でおいしいケーキや焼き菓子が毎日作られています。

ウェディングケーキ ご注文お受けします。

¥21,600(税込)から承っております。

ぬくもりの森のとっておきの空間
中庭カフェ

イート・イン・スペース

かわいいと人気のカフェスペースです。
お気に入りのケーキをチョイスしてお飲み物とどうぞ。

フレッシュケーキ・販売コーナー

ショーケースが大きくなり、たくさんのケーキを並べることが出来るようになりました。これまで土日祝日などには午後の早い時間に売り切れてしまうことがありましたが、今後はもう少しゆっくり来ていただいても大丈夫かもしれません!?

お菓子の森のケーキ工房

お菓子の森の厨房から道にただよってくる甘い匂いに、「美味しそう〜」というお客様の声がよく聞かれます。
2015年にリニューアルした新しい厨房には大きなオーブンと冷蔵庫が新たに入り、パティシエの忙しさも一段とアップしましたがやる気もさらにアップ。これからも美味しいお菓子をご提供してまいります!

寺田シェフパティシエ パリで行われたガレット・デ・ロワ コンクール で10位に入賞!

寺田シェフパティシエがパリで焼き上げ出品したガレット・デ・ロワ

寺田シェフパティシエがコンクールに提出したガレットはパリのサンルイ島にあるパン菓子組合の厨房をお借りして焼き上げました。

本場フランスのコンクールでの10位入賞は、日本国内のパティシエたちを驚嘆させ健闘が讃えられました。

日本に帰り10位入賞を報告する寺田シェフパティシエ

本場フランスで地元パリっ子たちが好むガレット・デ・ロワの特徴を学び、生地や中のクリームの研究を続ける寺田シェフパティシエ。まだまだ美味しさへの追求は続きそうです。

寺田シェフパティシエ
2012年、2013年、2014年、2015年、2016年エピファニーに駐日フランス大使・総領事にガレット・デ・ロワを献上!そして2017年も!

「お菓子の森」シェフパティシエ 寺田和行は、2010年に日本のガレット・デ・ロワ コンクールで優勝、2011年にはガレット・デ・ロワ コンクールの「ヌーベル部門(ガレット・デ・ロワの基本を踏まえた上でテーマに沿ったアレンジを競う)」でも一位となりました。
また翌年には、上でお伝えしたとおり、本場パリでのガレット・デ・ロワの腕を競う「ラ・メイユール・ガレット・オ・ザマンド」に日本代表として特別参加し、日本人として歴代最高位の10位入賞を果たしました。

寺田シェフパティシエはこれにより、日本を代表するフランス菓子の職人の仲間入りをし、毎年年始のエピファニーに在日フランス大使公邸にて在日フランス大使に、また、関西日仏学館/在京都フランス総領事館にて在京都フランス総領事に、ガレット・デ・ロワを献上する名誉を与えられました。

2017年のエピファニーにフランス大使館で「ガレット親善大使」柔道家の野村忠宏さんと寺田パティシエ

土日祝日のケーキ売り切れについてのお詫び

土日祝日におきましては、多くのお客様にご来店いただいており、夕方にはケーキが完売してしまうことが多くあり、大変ご迷惑をおかけしております。

パティシエが作ることができる精一杯の量をご用意していますが、一つ一つを手作りしているため数に限りがあり、人気のケーキは午後の早い時間にはなくなってしまう場合もございます。お菓子の森のお客様にはなるべくお早目のご来店をお勧めさせていただいております。

なお、平日はカフェも空いておりますので、ゆっくりとした静かな時間をおすごしいただくことができ、おすすめです。

※焼き菓子は地方発送を承ります。お菓子の森ケーキ工房にてお申し付けください。